旅行者に大人気!立山黒部アルペンルートツアー

立山黒部アルペンルートツアーは、中部山岳国立公園に位置し昭和46年に全線開通して以来、大自然を満喫出来る日本でも最も有名な観光名所として四季を通じて多くの人が訪れます。

ゴールデンウィーク時期は混雑により個人で旅行している人は全ルートを回りきれなかったという話も良く聞きます。

そのため、来訪の際は日程を考慮することをお勧めします。

また、私どものツアーに参加して頂くとこのような心配も全くありません。

全て計画された日程通りに進みますので、安心してご旅行を楽しんで頂けます。

立山黒部アルペンルートツアーの醍醐味は、立山黒部アルペンルート、黒部峡谷トロッコ列車、ランクAの老舗旅館「延対寺荘」でのご宿泊となります。

まず立山黒部アルペンルートとは、富山県中新川郡立山町の立山駅(富山地方鉄道)と、長野県大町市の扇沢駅とを結ぶ交通路のことを示します。

この区間は、一般の車は通行禁止となっており、立山駅に車を駐車してまた最終的に立山まで戻って来なければ行けません。

私どものツアーだと安心して全行程をまわる事が出来ます。

この時期の見どころはなんといっても「雪の大谷」です。

雪の大谷が見られる区間はバスが一方通行になっているので外に出て間近で雪の谷を見る事が出来ます。

そして、黒部渓谷トロッコ列車です。客車はオープン型で窓がついているものとついていないものがあります。

窓が着いていない貨車は外の空気を感じる事が出来て開放感があります。

黒部渓谷の自然を満喫出来る電車です。

最後に、老舗旅館「延対寺荘」です。

さすがAランクの旅館だけあって露天風呂も綺麗で広くてリラックス出来ます。

そして、楽しみのお食事も満足していただけるものです。

この時期にのみ富山湾で捕れるホタルイカは絶品です。

漁期が3〜5月と短く貴重な海の食材です。

そのふっくらと大きさと歯ごたえは格別のものです。

お造りや塩辛がありますので、この時期に訪れる人は堪能して頂きたいです。

美味しい食事は旅の疲れを吹き飛ばしてくれますね。一度は訪れてみたい立山ですが、私どもの立山黒部アルペンルートツアーは立山の見所を盛りだくさん取り入れた満足のいくツアーとなっています。

なにしろ山岳国立公園内がほとんどの観光場所となりますので、日程にもかなりの余裕が必要です。

立山行きツアーでお値段は破格なものでも、予定を詰め込んでいるものはお勧め出来ません。

大自然を満喫するためにはゆとりのあるプランを探しましょう。

立山黒部アルペンルートツアー|私のお勧めツアーはこちらですよ!のトップページへ